愛知県有数の美容整体院|美容整体ウェリナ

小顔矯正

Official blog

首を見れば年齢が分かる?!若々しい首元を保つ3つの秘訣

首を見れば年齢が分かる?!若々しい首元を保つ3つの秘訣

首元を見れば年齢が分かる。

 

そんな話を聞いたことはありませんか?

 

年齢を重ねるとまるで樹の年輪みたいに横方向に刻まれる首のシワ。

 

顔のハリはキープできても、首のシワが目立つ人はとても多いのです。

 

さらに、顔がたるみ、アゴのラインが下がってくると、首の皮膚も影響を受け、シワが深まります。

 

「手と首は年齢を隠せない」といわれているように、首は若さのバロメーターです。

 

首は見た目年齢を左右する重要なパーツと言われています。

 

 

顔のスキンケアには力を入れているけれど、首はなかなかそこまでのケアができていない…。

という人も多いかもしれません。

 

でも実は顔よりもデリケートと言われている首は、普段からのケアもしっかりと行うのが理想的です。

 

首から胸元にかけての「デコルテ」と呼ばれるゾーンは女性らしさを強調できる部分でもあります。

 

今回は首のシワのケアやマッサージ方法をご紹介していきます。

 

 

首のシワは「横ジワ」と「縦ジワ」の2種類

 

首のシワと聞くと、年を重ねるごとに表れるものと思っていませんか?

 

でもそうとは限らないんです。

首のシワには「横ジワ」「縦ジワ」の2種類があります。

加齢以外にも生活習慣などが原因でシワになる可能性があります。

 

「横ジワ」の特徴

 

 

 

若くてもできる可能性が高いのが横ジワ。

 

普段生活を送っている中で、何気なくしている動作でこの横ジワが刻まれると言われています。

 

首は上下左右に動かしていると思いますが、うなずく動作をしているだけでも首にシワが寄ります。

 

そのシワはいつも同じ位置に入るので、毎日繰り返されることで横ジワが癖づいてしまいます。

 

また姿勢が悪く首肩凝りがある場合は、首にむくみが出る可能性が高いため、シワがくっきりと刻まれてしまます。

 

「縦じわの特徴」

 

 

縦ジワというのはある程度の年齢を重ねると、目立つようになってきます。

紫外線と乾燥によって、ハリと弾力を保つコラーゲンの働きが減少してしまうのと、筋肉の縮みによるものが原因だと思われます。

首の下に走ってる広頚筋という筋肉が弱まって縮んでしまう事で、厚みと柔軟性が失われて皮フがクシュクシュとなって、筋が目立ってしまいます。

 

広頚筋は下顎から首、胸にかけて広い範囲を覆っています。

 

そのため、垂れてくると連結している下顎や口角などの顔筋を引っ張り、老け顔になってしまいます。

 

 

首のしわの原因

 

 

1.皮膚が薄く、たるみやすい

 

首の皮膚は顔よりも薄いといわれています。
目もとの表皮は、顔の中でも特に薄く、“卵の薄皮”程度の厚みしかありません。
それと同じくらい皮膚の薄い首は、頷いたり見上げたり、振り返ったり頻繁に動く部位のため、シワができやすくなってしまうのです。
また、皮膚内部の構造も、顔よりもたるみやすい構造となっているため、加齢によって太く深いしわができてしまいます。

 

2.紫外線によるダメージを受けやすい

 

首は露出されることが多く、紫外線ダメージを受けやすい部分です。

 

首は汗をかきやすい部分でもあるため、汗で日焼け止めが落ちたりしてしまったり、ついつい塗るのを忘れてしまったりしてしまいます。

 

紫外線のダメージによって、シワやたるみが発生してしまいます。

 

 

3.姿勢の影響を受ける

 

下向きの姿勢を長時間続けることで、シワができてしまいます。

 

もともと、首は横方向のキメが深いため、縦方向ではなく横方向にシワができやすいという特徴があります。

 

それに加えて姿勢の悪さにより、横方向のシワがより深く刻み込まれてしまいます。

 

首下の筋肉がはってくると、どんどん硬くなって弾力を失ってしまうので、しっかりと普段からマッサージで緩めてあげる事が大事です。

 

 

3つの秘訣

 

シワ予防には徹底的な保湿が必須

 

顔よりも皮膚が薄く、乾燥しやすい首は、徹底的に保湿することです。

 

朝・夜の1日2回の保湿では、足りません。

 

日中も保湿し、夜スキンケアをしてから、寝る直前に乳液やクリームをもうひと塗り。

 

夜中トイレに起きたら、さらに塗るくらい、たっぷりと与えましょう。

 

保湿剤をこまめに首につけると、シワが目立たなくなってきます。

 

2 保湿をしながらマッサージ

 

1.首の中央はたるみをリフトアップさせるため、下から上に向かって動かします。

 

2.首の中心から左側に向かって、右手で横方向に動かしましょう。

右側の首には左手を使用します。

 

【ポイント】

 

・首のシワは横にできるので、横方向にマッサージをするのがポイントです。

・チカラ加減は軽くすること。

 

横方向に動かせば、あまり力を加えなくても血液とリンパ液の流れがスムーズになり、

リラクゼーション効果も高くなります。

 

 

 

 

 アゴのたるみを防ぐには、フェイスラインの老廃物を流すことが大切

 

 

加齢により皮膚が重力に逆らえなくなって、顔はたるみがちみになります。

 

たるみはアゴのラインを曖昧にし、首の皮膚をも押し下げてしまいます。

 

アゴのラインをシャープに保つことも、首を若々しく保つコツだといえるでしょう。

 

乳液やクリームを顔に塗りながら、一緒にアゴのラインもマッサージ。

乳液やクリームを手のひらと親指を含む指全体につけ、顔の中心から外側に向かって滑らすように塗っていきます。

 

そのとき、親指はアゴのラインの内側に沿わせ、耳の下に向かって動かします。

 

耳の周りにはリンパ節があるので、滞っていた老廃物が流れ出し、アゴのラインがスッキリします。

 

それが、首の皮膚にかかる負担を軽くして、シワ予防になります。

 

 

 

3 広頸筋をほぐす・伸ばす・流す

 

①ほぐす

人差し指と中指で鎖骨をはさみ、痛気持ちい程度の強さで押しながら手前にずらしながら解します。

固い方は痛いのでゆっくり中に押し込む感じで解す。

片方30秒から1分しっかりほぐす。

 

 

 

②伸ばす

手のひら全体を広頸筋にあてて矢印の方向に伸ばします。

この時に、のどを潰さない程度の力で伸ばす。

片方3回じっくり伸ばす。

 

 

③ほぐす

フェイスラインについている広頸筋を親指と人差し指ではさみぐるぐると円を描くようにほぐします。

片方3回耳から顎先に向かってほぐす。

 

 

⑤伸ばす

鎖骨下に両手をあて筋肉を感じながら押さえ首を斜め後ろにぐーっと傾ける。

片方20秒ずつじわーっと伸ばす。

 

 

④流す

最後にリンパの流れに沿って耳から鎖骨に向かって流す。

このときはさする程度の力で首全体を流す。

広頸筋を伸ばすことで沢山のいい効果があります。

 

  • ・首のたるみ・シワの改善
  • ・首前面の筋肉の毛細血管まで血行が促進され首痩せ効果
  • ・アゴの疲れを解消する
  • ・上に向きやすくなり、首の動きが改善する
  • ・アゴを噛みしめやすい方に効果的
  • ・肩に力が入りやすい方に効果的

 

広頸筋ストレッチで若々しい首元を手に入れましょう!!

 

まとめ

 

綺麗な首とデコルテは、女性らしさが現れる大切なパーツ。

 

しっかりケアして、美しい「第一印象」を残したいですよね。

普段の姿勢を意識することで首のシワを防ぎ、細めな保湿を心がけることでお肌のハリ 潤いを取り戻すことはできます。

 

 

◆美容整体ウェリナ

【ホームページ】https://welina-diet.net/

日本一の美容整体院。

第4回beforeafterコンテストグランプリ受賞

愛知県 愛西市・あま市・蟹江町に3店舗

骨格・リンパ・筋肉にアプローチし、一度で分かる高い効果が特徴です。

 

【企業理念】

『ありがとうの連鎖』

顧客の創造に貢献し、日本一沢山の『ありがとう』を頂く

 

【事業理念】

『輝ける明日へ』

綺麗になって、自分に自信がもてる。明日が楽しみになる。そんなキラキラとワクワクを提供します。

「どこにいってもよくならない」そんな方に本当に効果のある技術を提供します。

 

 

 

◆ご予約・無料カウンセリングはこちらをクリック↓

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Timeline
  • LINEで送る

✖