愛知県有数の美容整体院|美容整体ウェリナ

骨盤ダイエット

Official blog

下肢静脈瘤による体への影響と5つの予防方法

下肢静脈瘤による体への影響と5つの予防方法

 

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。

 

 

下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のように

 

ふくらんだ状態のことをいいます。

 

下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命にかかわることはない

 

ので安心してください。

 

 

しかし足のだるさやむくみなどの症状が慢性的におこり

 

生活の質(QOL)を低下させます。まれに湿疹ができたり、

 

皮膚が破れる潰瘍(かいよう)ができ重症になる事があります。

 

 

このような方は、できるだけ早く専門の病院を受診されることをお勧めします。

 

 

足のむくむやだるさが発症のサイン

 

下肢静脈瘤の症状はほとんどがふくらはぎにおこります。

 

足に血液がたまることによっておこるので、午後から夕方に

 

症状が強くなるのが特徴です。

 

 

 

10人に1人が下肢静脈瘤。あなたもその1人かも。

 

下肢静脈瘤は、40歳以上の女性に多く認められ、年齢とともに増加していきます。

 

日本人では15歳以上の男女の43%、30歳以上では62%の人に静脈瘤が認められた

 

との報告もあります。

 

40歳以上を対象とした調査では全体で8.6%(男性3.8%、女性11.3%)に認められ、

 

患者数は1000万人以上と推定されています。

 

また、出産経験のある女性の2人に1人、約半数の方が発症するというデータもあり

下肢静脈瘤はまだまだ認知はされていませんが、実は身近な病気です。

 

 

遺伝・出産・立ち仕事の人がなりやすい

 

 

 

 

下肢静脈瘤は女性に多く、歳を重ねるほど増えていきます

 

 

遺伝性があり、両親とも下肢静脈瘤の場合には将来的にはその子供も90%発症するというデータもあります。

 

妊娠時にはホルモンの影響により静脈が柔らかくなって弁が壊れやすくなるため発症しやすくなります。

 

 

立ち仕事、特に1ヶ所に立ってあまり動かない仕事(調理師・美容師・販売員など)は発症しやすく

 

特に1日10時間以上立っている人は重症化しやすい傾向にあるので注意が必要です。

 

 

また、肥満や便秘なども下肢静脈瘤を悪化させる因子です。

 

 

 

 

下肢静脈瘤の症状を改善するには

 

「弾性ストッキング」を活用しよう!

 

 

 

 

 

「弾性ストッキング」は、特殊な編み方により弾力性を高めているため

 

普通のストッキングに比べて足に高い圧力がかかるようにできています。

 

 

また下から上にかけて徐々に圧力が弱まるように作られているので、

 

下から上への血液やリンパの流れを促す働きがあります。

 

「高い圧力で足を締め付けてしまうと血流が悪くなるのではないか」

 

と心配される方が多くいらっしゃいます。しかしそういったことは起こりません。

 

 

ホースから出る水を想像してみてください。

 

ホースから流れ出る水の勢いが弱い時、ホースの口をギュッと潰すと水の勢いが

 

良くなるといった経験を持たれている方も多いと思います。

 

同じ量の水ならば、通り道が細いほうが流れる勢いがよくなります。

 

 

「弾性ストッキング」の着用のタイミングですが、症状を取るための目的でしたら

 

一番足の負担がかかるときに着用すべきです。

 

 

すなわち「立っているとき」「座っているとき」など、足が心臓より下にあって、

 

血液が返っていきにくい状況のときです。

 

 

足のだるさこむら返りは夕方や夜間になればなるほど、起こりやすくなりますが、

 

それは「昼間の負担」の蓄積により、その結果として症状が一日の後半や

 

夜間に起こっているだけなのです。従って「症状のある時」に着用するよりも

 

「足の負担が実際に掛かっている時」に着用することが好ましいのです。

 

足の血液が返りにくくなる最悪の組み合わせは、「運動もせずにじっと立ったまま、座ったまま」

 

の状態です。こういった機会が多くなる立ち仕事の方などは、予防も含めて、

 

特に「弾性ストッキング」の着用をお勧めいたします。

 

 

足の運動を習慣づけよう!

 

足が心臓へと戻っていくときに2つのポンプ作用が欠かせません。

 

ひとつは呼吸によるポンプ作用です。

 

そして、もうひとつが、足の筋肉のポンプ作用です。

 

足を動かすことで、静脈が筋肉のリズミカルな圧迫を受けるようになります。

 

筋肉が収縮(ふくらむ)、弛緩(ゆるむ)を繰り返すことで、血液が上へ上へと押し上げられます。

 

 

とくにふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」といわれるほどポンプ作用が強く、

 

足に溜まった血液を押し上げます。ふくらはぎの筋肉を鍛えることが、

 

足を健康に保つ秘訣にもなります。

 

 

 

 

そのためには、こまめに歩くことも大事ですし、ふくらはぎの筋力をアップさせる

 

運動(スクワットやかかとの上げ下げなど)も推奨されます。

 

 

また長時間の立ち仕事やデスクワークをしている人は、仕事の合間にできる運動を

 

するだけでも大きな予防になっていきます。

 

立ち仕事の合間には、つま先立ちを繰り返したり、その場で足踏みをしたりを、

 

1時間毎にするだけでも効果的です。

 

 

デスクワークなら時折、椅子に浅く腰掛けて、背もたれにもたれかけてダラーンとして

 

体が一直線になるような姿勢をとり、深呼吸をしながら、足を前後に動かしたり、

 

足を回したりの運動で、血流の改善が見込めます。

 

歩く機会をこまめに持つことも血液の滞りを防ぐには有効です。

 

日々の生活の中で少しだけ運動を心がけるだけでも、長い期間経てば、

 

結果が違ってくることになるのです。

 

 

1日の最後に「足のケア」をしよう!

 

 

 

1日の終りに、ぬるめの湯にゆっくり入ることで筋肉の緊張が緩み、

 

末梢の血管が広がって、全身の血行が改善されます。

 

 

不快な症状を招く原因となる老廃物も、足から流れ出されることになります。

 

また足に水圧がかかることも溜まった血液を心臓に戻すことになります。

 

さらにマッサージなどを行えば、効果は高まることになるのです。

 

マッサージのコツですが、強く押し付けないことが肝心です。

 

むくみなどは皮膚の表面近くで起こっているので、手のひらでやさしく、

 

さすり上げるように行うだけで効果的です。

 

 

また、マッサージ方向は常に下から上へ、です。

 

まずは太ももを膝から足の付根まで両手を使って足を包み込むようにしてさすりあげます。

 

太もものマッサージをしばらく行ってから、次は膝下のマッサージに移ります。

 

このときも下から上へ、足首から膝までを同様に両手で足を包み込むようにして

 

さすりあげていきます。

 

ギューっと押し付けるマッサージをしても、血行促進にあまり意味がないため

 

ゆっくり優しく、撫でるようなマッサージをして微小な血管の血行も促進しましょう。

 

 

お休みの前に、さらに流れを改善する体操を行えば、より効果的となります。

 

仰向けに横になり、リラックスした状態で、まずは足首の体操。

 

つま先を立てたり伸ばしたりする運動、足首をぐるぐると動かす運動を行います。

 

それから腰を浮かせることが可能でしたら、エア自転車こぎなども良いでしょう。

 

さらに両手両足を天井に向けてブラブラさせるブラブラ体操なども効果的です。

 

 

食生活を改善しよう!

 

 

 

 

食生活の改善といっても、これを食べれば「下肢静脈瘤」の症状が良くなる「下肢静脈瘤」にならなくなる

 

といった都合の良い食品はありません。

 

ただ「下肢静脈瘤」のリスクに・肥満・便秘といったものがありますので、「肥満」にならないようにすること、

 

また「便秘」を解消することが、「下肢静脈瘤」のリスクを減らすことになるのです。

 

 

・バランスの良い食事を心がける

 

・食物繊維などを意識して摂る

 

・塩分を取りすぎない

 

 

基本的なことではありますが、日々の心がけが必要です。

 

また、体内に水分が足りない状態、いわゆる「脱水状態」というのは、

 

血液の粘度を高めてしまい血液の循環は悪くなります。

 

ただでさえ溜まりやすい足の静脈の循環が「脱水」などで極端に悪くなれば、

 

血栓などができてしまい、病状を深刻化させます。

 

 

適度な水分を摂ることも、血行の促進には非常に重要なことです。

 

日常の生活から、病気のリスクを無くしていくことが大事であると言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

下肢静脈瘤の方、予防したい方は

 

・弾性ストッキングを履く

 

・運動習慣を身につける

 

・食生活に気をつける

 

このようなことを今から気をつける事で下肢静脈瘤や他の病気への対策にもなります。

 

◆美容整体ウェリナ

【ホームページ】https://welina-diet.net/

日本一の美容整体院。

第4回beforeafterコンテストグランプリ受賞

愛知県 愛西市・あま市・蟹江町に3店舗

骨格・リンパ・筋肉にアプローチし、一度で分かる高い効果が特徴です。

 

【企業理念】

『ありがとうの連鎖』

顧客の創造に貢献し、日本一沢山の『ありがとう』を頂く

 

【事業理念】

『輝ける明日へ』

綺麗になって、自分に自信がもてる。明日が楽しみになる。そんなキラキラとワクワクを提供します。

「どこにいってもよくならない」そんな方に本当に効果のある技術を提供します。

 

 

 

◆ご予約・無料カウンセリングはこちらをクリック↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Timeline
  • LINEで送る

✖